ふじりんごも色づいて

ふじりんごも色づいて

高級干し柿 市田柿専門店「金の柿」店長のメグさんです。

 

りんご「ふじ」がたわわに実っています

 

今年のりんごは、お陰様で順調にたくさんの実をつけています。

シナノスイートも例年ならば既に収穫が終わっていますが

今年はまだまだ収穫中。

シナノゴールドも穫れ始めて、

リンゴ部はりんご園と選別場の行き来で忙しく飛び回っています。

 

りんご園から「ふじ」の写真を送ってくれました。

 

うわ!重そう!

 

林檎部長から「今年はいっぱい実がなってます」

とは聞いていましたが、、、

 

リンゴの木が地面につきそう。

 

これは、まあ、見事ですね。

 

今は葉摘み作業をしています。

リンゴの実の周りの葉っぱを摘みとって、

色付けのお手伝いをしています。

 

朝晩がとても冷え込むようになってきましたから

どんどん色づいていきますね。

 

 

朝霧の季節です

市田柿が美味しくなるのに欠かせないのが朝霧です。

昼間の太陽でしっかり乾き、

朝の霧でまた水分を補給し、

また昼間の太陽をあびる。

その繰り返しで柔らかく甘い干し柿になります。

南信州の天竜川沿いはこうした朝霧が市田柿加工の手助けをしてくれています。

 

朝霧は、朝冷えて昼間暖かくなるという気候現象ですね。

 

わたしは朝真っ白な霧を見ると、この季節の運動会を思い出します。

運動会の日に、この霧の中、朝早くゴザをもって場所取りに行ってくれた父と母。

「霧が出たで、今日は天気いいぞ!」と送り出してくれました。

 

今は、運動会も家族が観覧に行けない状況のようですね。

 

一大イベントだった運動会も

時代と環境によって指向が変わってきてしまいました。

 

もう一つ

 

秋の雲です

 

うろこ雲

まだら雲

ひつじ雲

鰯雲

穴あき雲

 

画像検索したら、いろんな名前が出てきましたよ。

 

秋の空ですね~

 

風にのって流れていくのも早い。

 

〇〇心と秋の空

 

今の情勢もどんどん流れていってほしいなぁ~